いいたいことを言わせて。

生き方迷走してます、アラフォーなマル子です。

死ぬまで母と娘。

今日は母の誕生日でした。

 

去年はメガネケースをプレゼントしました。今年はケーキを作って持って行きました。母は機嫌が良く、ケーキも喜んでくれました。

 

母に会う時、私は自分が身構えているのがわかります。母に会う用の自分になるという感じです。

 

母は昔ヒステリックで、怒るとモノを投げてきました。些細なことにすぐにカッとなり、活火山が噴火するかのごとく怒るのです。

 

直接手を上げられたことはありませんが、モノを投げてきたり、言葉での攻撃はしょっちゅうでした。

 

今思えば母もいろいろ大変で、ストレスを抱えていたんだろうと思います。

 

母は今日71歳になりました。歳を取ることはやはり嫌みたいです。愚痴ってました。

 

母は不器用な人だと思います。8人兄妹の長女として生まれ、忙しい祖母の代わりに妹、弟の世話をしてきたのでしょう。

 

自分の母親が祖母に虐げられてるのを見ながら、好き放題の父親と祖母への複雑な思いを抱えたまま大人になってしまった。

 

母は、私が夫と結婚すると報告した時、夫に母親がいない(夫が小さい頃に離婚して出て行った)ことに安堵していました。その反応に当時の私は何て失礼なんだと腹立だしかったけど、母の子供の頃の記憶がそう言わせたんだと、今ならそう思えます。

 

そういう見方をこの歳になって出来るようになったけど、だからといって母の人間性を受け入れたわけではありません。

母とそっくり人間性を持った人がもし職場やママ友の中にいたら。多分私はお付き合いはしていないと思います。こんな人もいるんだな、でも私は苦手だから付き合えないな、そんな感じでしょうか。

 

だけど実際は血の繋がった私の母親です。母と娘としてどちらかが死ぬまで続く親子の絆。

 

恨んだこともあるけれど、この母親の娘として生まれたからこその経験をさせてもらってるのではと思っています。

 

f:id:maruko12:20171206135859j:image

 

私の作ったケーキは美味しかったんですかねぇ。