いいたいことを言わせて。

生き方迷走してます、アラフォーなマル子です。

毎年運動会で疲れてた理由。

今日は末っ子の小学校の運動会だった。

 

f:id:maruko12:20170529001207j:image

 

私は今年の運動会で決めていたことがあった。

 

それは、お弁当を無理せずに作るということ。

 

相変わらず、私はパン屋と派遣のダブルワークをしていて、運動会前日も派遣のフルタイム勤務。

 

いつもなら前日からお弁当を仕込むけど、今年はその気力も体力も無いだろうと見込み、極力自分に素直になろうと決め、

 

弁当はやれる範囲で作る!

 

と数日前から決めていた。

 

例年、人様のブログなどで、手の込んで彩りよく、ボリュームもある、運動会弁当を拝見し、

 

私も頑張ってお弁当を作ってきた。

 

前日や前々日から仕込み、当日の朝は早起きして、双方の親の分含めて8人分のお弁当を作る。

 

彩りよく、品数多く、食べやすく。

 

そんなお弁当を作り、写真を撮り、私も当時のブログにアップしたりしていた。

 

見てもらってコメントをもらったりすると嬉しかったな。

 

だけど正直しんどかった。

 

面倒臭かった。

 

そしてそうやって気合い入れて作ったお弁当は、大概、完食されないのだよ。

 

いっつも残されるんだよ。

 

子供は親の変な見栄自己満弁当より、ばぁばが持ってくる、凍らしたゼリーのほうに食い付くんだよ。

 

今年は仕事のこともあり、ふいに、もうそんなお弁当作りは止めようと思った。

 

実家の母親に電話で、たくさん作るのはしんどいから、お弁当持参で来て欲しいと頼んだ。

 

あっさりと了解を得た。

 

そして運動会前日にスーパーで冷凍の唐揚げを買った。

 

これは末っ子の好きな唐揚げ。

 

今年はおにぎりとこの冷凍唐揚げと玉子焼きとフルーツ。

 

それだけ。

 

写真も撮らない。

 

朝、楽だった(о´∀`о)

 

末っ子は美味しいと食べてくれた。

 

これでよかったんだなーと思った。

 

運動会お弁当を作って9回目にして、やっと気付けた。良かった。

 

もちろん手の込んだ素敵な運動会お弁当を作れる方には作っていただきたい。

 

だけど私みたいに無理をして頑張ってるお母さんは多いと思う。

 

大丈夫、手を抜いたって、愛情こもってますよと、言いたい。