読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいたいことを言わせて。

生き方迷走してます、アラフォーなマル子です。

子供の頃、妹をイジメていたらしい。

人って、都合の悪い記憶は勝手に消してしまうのでしょうか(。-∀-)

 

この間、娘に

「お母さんて、子供の時、ゆかりちゃんをイジメてたんやってなぁ〜、わっるぅ!」

と、突然言われた。

ゆかりちゃんとは私の2つ離れた妹のこと。

娘曰く、ゆかりちゃんから聞いた話だが、小学生くらいの頃、私に叩いたり引っ掻かれたり、イジメられたことがあったという。

それを聞いた私、

「は?」

何のこと?

全く記憶にないや。

 

私の中にはそんな記憶が全くないのである。

一緒に遊んだ記憶は僅かながらあるけれど、姉妹喧嘩の記憶すら正直無い。

 

私の記憶力の無さは自覚はしていたけど、本当に何も覚えてないな、と我ながら呆れた(。-∀-)

いや、でも、待てよ。

これは私が自分にとって都合の悪い記憶を消してしまってるのではないか?

イジメられた子はそのことを忘れられないけど、イジメてた子のほうはすっかり忘れている、って話はよく聞くし。

いや、そうだ、都合悪いことを勝手に忘れてるんだ、私は、と思うとなんか自分のことがクソに思えてきた。

 

と、同時に私は幼少の頃から妹に対して妬んでいたことも思いだした。

妹は明らかに私より顔のつくりが良い。

私は母親似、妹は父親似で全然似ていない。

母親はよく私に

「ゆかりは可愛い顔してるけど、あんたはねぇ、、。」

と、ボヤいていた。

言われるたび、あんたに似たんだろって思って腹が立った。

妹は要領も良く、器用になんでもこなす、

対して私は何に対しても不器用で時間がかかった。

妹は活発で社交的、私はまあ、その対極にいた。

比べられるのが嫌だった。

年上ということもあり、何かあれば私が叱られた。

多分、私は妹が憎かったんだろうと思う。

だから記憶にはないけど、叩いたり、引っ掻いたりしたんだろうなと。

 

そういえば、子供の頃、夜、布団の中で涙を流していたのを思い出す。

具体的なことは覚えていない。

ただ、その時の悔しいきもち、悲しいきもち、そして怒りの感情だけは今でもリアルに思い出すことができる。

 

最近気付いてきた。

私の心の奥に未消化の感情がいっぱい蓄積されているようだ(。-∀-)

だからといって、今、私はどうすればいいのか。

人を憎むのは物凄いエネルギーを消費する。

自分も蝕まれていく。

 

ただ気付いて感じてあげればいいのかな。

悔しかったね、悲しかったね、と。

そんな風に自分で自分に優しく声かけて寄り添ってあげればいいのかな。

 

親も私を傷つけようとは思っていなかったろう、

言ったことなんか覚えてないだろう、

私が妹をイジメていたことをすっかり忘れていたように。

私も気付かないとこで妹を傷付けていたんだ。